2017年04月19日

3. 桐はどんな業務向き?

 今は、ソフトウェアも色々な選択肢があります。ネットワークのスペックがあがって、クラウドで動く物も増えてきました。提供する側としても、バージョンアップや修正、いろいろなプラットフォーム環境の整備などを考えると楽な環境かもしれません。

 さて、桐ですが、コンピューターの環境が多様化する中で、どういう使い方をするのが一番合っているのか、良い点を引き出せるのかを考えてみます。

 まず上げられるのが、個人で使用するデータ処理です。特にユーザーにデータを提供する業務に携わる方にはお勧めです。特に同じような用途での表計算ソフトと比較しての長所を挙げてみます。

 1.安定性

   Windows3.1から32ビットに以降するころ、マルチプランやlotus123 (懐かしい)などの表計算とは別に、大きなデータを扱うデータベースを探し、いろいろ検討しました。Ms-accessやdbaseとともに対象になったのが桐 確か ver.4か5か。その中で一番安定していたのが桐でした。使っていて、桐が原因となってハングアップ(フリーズ)することはまずありませんでした。この堅牢さは、今の桐10にも引き継がれております。ファイルサイズが32GB、10億レコードに拡張されても安定しているのはありがたいことです。

といっても、まあ使うのは20〜30万レコード位までですが。いまでも、表計算には、ときどき 突然「ご迷惑を、、」といいながら、業務を拒否されることがありますが、その点桐は安心です。

 2.エクセルとの親和性

 桐はエクセルやCSVを直接読み書きできます。エクセルのブックを指定すると、どのシートを読み込むか聞いてきます。ユーザーにはエクセルで渡しますので、処理の結果をエクセルで出力します。途中は全部桐。

 3.余計な読替をしない

 エクセルでCSVやテキストを読み込むと、思わぬ自動変換をしてくれることがあります。特に日時やeと数字を指数として扱ったり。桐はフィールドの型が文字、長整数、数値、日時などはっきり指定されているので意図しない型に変換されることはありません。

 4.関数が豊富

 エクセルほどではないですが、実用的な関数はほぼそろっています。

 5.マクロの文法はほとんどBASIC

 FILEMAKERがはやったころ、移行を検討しましたが、FMのマクロで挫折しました。プログラマーの方ならお分かりかと思いますが、CでもPASCALでもJAVAでもBASICでもPERLでもPHPでもほぼ文法は同じです。単語が違うとか、文末にセミコロンがつくとか、ライブラリーの扱いとか、多少差はありますが、1つの言語をマスターすれば、他の言語はだいたい検討がつくと思います。桐のマクロ、一括処理をいいますが、この言語もその仲間で、VBAの分かる方ならすぐ使えると思います。変わったところといえば、プログラム言語としては珍しい日本語です。たとえば 繰り返し(x<5) 。。繰り返し終了  とか。最初は面くらいますが、慣れると、これはこれで読みやすいと思いますが。

 6.印刷帳票の自由度が高い

 印刷フォーム(レポート)の細かい設定が可能です。専用のブランク帳票に打ち込むなどいうのも得意な作業です。宅配伝票や自由サイズの専用請求書のフォームに打ち出すこともできます。

 以前、産地直送の発送システムを作りましたが、伝票が変更になった時の調整も楽です。


 ということで、まず桐を使いはじめるなら、エクセル代わりに表の操作を覚えるのが良いと思います。絞り込み、並べ替え、集計、転地集計、置換、、何回か使えば手放せない便利なツールになると思います。

 さて、その次というか、もしかしたら桐に一番合っている使い方というのは、バッチ処理です。WINDODWSのTASKで桐を立ち上げて、一括処理で自動処理を行うというものです。次はこのバッチの使用例をご紹介します。使い方、、というか、自動バッチなので、誰も使っていないのですが、、。



posted by pdb at 00:22| Comment(2) | はじめに