2018年04月11日

バッチ処理1 レポート作成例

 桐の基本機能を利用したバッチ処理です。基幹で作られたデータファイルを読み込み、PDFを作成します。

A社さんは、約100名の営業担当者が全国の支社、営業所で活動されています。ネットワークはイントラネットで接続され、本社のサーバーにアクセスすることができます。
 前日に入力された営業データは、夜間バッチでネットワークにテキストファイルで出力されます。
桐の自動実行バッチに組み込まれた処理の1つとして、営業担当者の個別フォルダ別に順次営業レポートを作成していきます。
従来は各営業所のプリンターに出力・配付していたものをファイルとし、印刷するかは各個人の判断になりました。

 データをファイル化することは今は基幹系でもできますが、桐の良いところは

 1.レポートはプログラマーや専門家でなくてもユーザーサイドで変更できます。帳票変更の対応が楽になりました。
 2.週末は桐がファイルのメンテを行います。3ヶ月経過したファイルは個人ファイルからバックアップフォルダに移動されます。
   ユーザーがメンテナンスを行わなくても、個人フォルダーは一定のサイズをキープできます。
   自動削除されたくないファイルは、個人フォルダの中にサブフォルダを作り、その中に保管し自己管理します。
   桐がメンテを行うのは、個人フォルダ直下のファイルに限定します。

 仕組みは簡単でソフトハウスは楽ですが、導入のご担当者は「紙が良い、、」という営業マンの説得の方に苦労されておりました。
 営業レポートをメモ代わりにされていたようですが、導入からそう長くかからず慣れていただいたようです。

 注意点は、わかりやすいファイル名とするため、手配番号と案件名をそのままファイル名にしましたが、ウィンドウズのファイル名に
使用できない文字も含まれており、文字列の置き換えをする必要がありあます。

レポート印刷.jpg


posted by pdb at 23:32| Comment(0) | バッチ処理