2017年11月28日

桐バッチの勧め

kiri1.jpg 桐のバッチ処理の例です。(桐9版)
桐は起動した時自動実行する一括処理を設定することができます。(環境設定/一括)。桐自体の起動はWindows server の taskで行います。

 右の例では、起動の一括処理はメインルーチン.cmdです。この一括処理はサブルーチンと名札のシーケンス処理になります。
 メインルーチンに処理をすべて書き込むこともできますが、サブルーチンの改廃などメンテナンスは楽に行うことができます。

 この仕組では人間がまったく操作することなく、一連の処理を行うことになり、ちょっとロボットプロセスオートメーションの雰囲気があります。もしくは、autoexec.batの拡張版。(笑)

 全体では結構複雑な事をしていますが、ほとんど止まることなく安定して動いてくれます。

 先ほど紹介した自動起動する一括処理は1つだけなので、起動後の条件設定でバッチ処理の内容を切り替えます。
 たとえば、月曜〜土曜は通常ルーチンで、日曜はDBのバキューム、古くなったファイルの移動・削除とか、起動された時間jで処理を決める、桐の起動前に外部ファイルにTaskの書き込みを行う、、などで様々なバリエーションを持たせることができます。

 ほとんど手がかからないバッチ処理、是非試してください。




posted by pdb at 00:51| Comment(0) | バッチ処理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: