2018年05月14日

受領書の処理 導入偏

JURYO.jpg今度はアプリケーションの例。アプリケーションと言っても内容は単純です。
 メーカーから製品が出荷され、客先で受領すると受領書が返却されます。顧客によっては、この受領書が検収の証憑となることがありますので、管理が必要になります。
 伝票は感圧紙にドットプリンターで印刷した3枚目。OCRとしては良くない条件です。救いはJANのバーコード(短縮版)ですが、見た目でも行印字がずれ、バーコードが真っ直ぐではありません。
 そういう条件でOCRソフトとして選んだのが Panasonic の帳票OCR.このソフトはお試し版をダウンロードでき、桐からのシェルで起動できるバッチ処理やバーコードにも対応しています。 枠罫線があれば、その色を設定し、その相対位置から読みとりポイントを設定する優れた仕様のソフトです。
 スキャンした帳票を読みとるフォームを設定し、フォルダー内のスキャンデータを連続で読みとるバッチを作成します。

 試しに100枚ほどスキャンをしてバッチ処理をすると、初期設定のままでも80%程度はで読みとることができました。その後スキャン解像度や読みとりフォームを調整すると95%位まで改善。 受領書なので、どうしても受領印がバーコードにかかったり、汚れがあったりで、100%は難しい状況です。 それでも、「これなら使いものになりそうだ」との結論が出て、導入を進めていただくことになりました。
 読みとりできなかったデータについては、画像を見ながら修正を行うサブフォームンを作成。出荷番号は数字でも印字されているので、人間の目なら容易に作業できます。
 この伝票から読み取った出荷番号と基幹系からダウンロードした伝票情報をマージして、営業ご担当者がイントラで検索できるようにします。 




posted by pdb at 23:26| Comment(0) | アプリケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: