2018年05月24日

桐10s

 桐10s、ずいぶん前に購入しているんですが、9が調子良く動いているので、なんとなく億劫でそのままに。と言っているうちに、退職まで1年を切って、さすがにそろそろ引継ぎを兼ねアップデートしておかないとまずいかな。
 今桐が動いているのは WindowsサーバーにApacheのウェブサーバーをインストールしたもの。Webと基幹からのデータを桐で個別ファイルにしてメールとファイルを配信しています。
 ソフトウェアもずいぶん様変わりしているし、そもそも情シスの人員も削減され、引継ぎ先がなかったりするので、結構大変。
 基本方針は
 1.ウェブサーバーは情シスの所有するサーバーにソフトごと移管。PerlかPHPで単純なものしかないので、ほぼ問題なし。
   Flashも同じ。今年SalesForceも導入されたので、Einsteinに投げてもいい。
 2.桐。ver.9から10に上げる。ファイルのバッチ処理しか残らないので、普通のWin10でも良いでしょう。
 3.Delphi。これ良く考えたらもう20年も使われている。社内にdelphiプログラマーいないのでどうしよう。ウェブアプリに置き換えも検討したのだけれどユーザーの承認が得られない。今はウェブアプリが主流だけど、結構ソフトハウスの事情みたいなところがあって、Windows上のリッチクライアントのサクサク感と小回りはウェブ上では難しいようです。今後またexeの復権もあるんじゃないだろうか。

 ということで、本題の桐10s。

 良かったところ
 1.ウェブ系のUTF-8がそのまま読み込める。
 2.蓄積されたデータをマージしたら200万行に。桐9だったらプログレス亀さん引っくりかえっていたところですね。 20万行の別データと併合しても結構実用的に動きました。200万行扱えれば、別のDBエンジン用意しなくても良さそうです。

 良くないところ
 1.9までのファイルのコンバートが必要。10sは旧ファイルも扱えるけど、余計ややこしくなりそうなのでコンバート。
   桐は4あたりから使っていますが、互換のないのは今回が初めてじゃないかな。まあ、扱えるデータ量が格段に
   増強されているので致し方ない。安心料としてはリーズナブルです。
 2.Win10でBusyになるときがある。これからバックグラウンドをチェックして止まらないようにしないと。
   Msはosでもofficeでも色々なことをしてくれる。

   桐というと、旧態依然としたインターフェースが古い、、と言われたりしますが、新しいことが覚えにくくなったロートルにとっては変わらない方がありがたい。(笑) 10sも、機能は向上したけど、インターフェースは前と同じ。エクセルのように、バージョンが変わるたびに、あの機能どこ行った??! になるよりはいいかな。初めてさわる人にはDOSみたい、と言われそうだけど。ただデータ処理ができればいいので、インターフェースにリソースは不要。ちょっと遅くても止まらない方を優先です。








posted by pdb at 00:12| Comment(0) | アプリケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: